スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 カーイコークシーテクーダサーイ
2006年05月27日 (土) | 編集 |
引き続き片付け中。
玉手箱を発見!
20060527102258.jpg




・・・さらに読んでみよう!
スポンサーサイト

 実家部屋の片付け
2006年05月25日 (木) | 編集 |
物置と化している自分の部屋を片付け中。
ポエムノートやら、アイドルの切抜きやら、映画雑誌やら、いろんなモノが出てきましたが・・・
20060525192850.jpg

お茶の缶?コイツは一体何が入ってるんだ?



・・・さらに読んでみよう!
 ラーツー
2006年05月22日 (月) | 編集 |
200605211247.jpg
近場で美味しいモノを食らうツー。
ダーさんのHPで物色し、今回はこのラーメンを目指しました。
かなりローカルなロケーションの『陽気軒』200605211146.jpg

店内は結構広く、お座敷メイン200605211151.jpg
客の回転は相当早い。殆どの客がお土産餃子を頼んでました。
これがそれ。見た瞬間、笑える大きさ!200605211154.jpg200605211155.jpg
本当は一皿5個(500円)ですが、そんなに食べられないと判っていたので、ラーメンとセットだと頼める一皿3個(250円)にしておきました。
野菜が多いので、やさしいお味。けっこう普通にイケました。
ただ、崩れやすくて食べづらかった~でも美味しいよ!

で、今回のツーのメイン『あぶり焼チャーシューメン』(800円)
200605211156.jpg
ナマで見ると迫力です。
トロトロ~プルプル~の厚切りチャーシューが4塊!
200605211200.jpg
平打ち気味で縮れ気味の麺はもっちり。スープは醤油系でけっこう魚介(…干し海老か?)の風味。チャーシューのトロけ具合は抜群!脂身メインのバラ肉でこってり(1人で4塊はつらいと思われます)。チャーシュー自体の味がもうチョット工夫できていれば言うことナシですね。
まあ、これでようやく、あだたらラーメンの口直しが出来ました。

この時点でおなかイッパイですが・・・
200605211201.jpg
チャーハンもおすすめと聞いていたので、つい頼んじゃっていたんですねぇ…(汗
『高菜チャーハン』(500円)。女性なら2人分の量はあります。
この盛付けはどうなのよ?と思いましたが、味も…(;´▽`A``
普通のチャーハンにすれば良かったのかなぁ?

教訓:餃子はもっとイケる!チャーシューは2塊ないし1塊で充分。
   高菜チャーハンはアスリート向けの味。


・・・さらに読んでみよう!
 営業マン
2006年05月19日 (金) | 編集 |
年寄りの乗り降りしやすい車としてずっと注目しているトヨタ『ポルテ』。
最近、似たような車でプジョー『1007』つうのも気になっている。

で、エンジニアの目を通して確かめてもらおう!と礼君と
まずはプジョーのディーラー(BLUE LION目黒)に足を運び、試乗。
担当の営業マンがすごい優秀だったらしく、礼君も感心してました。
(ワタクシにはオタク同士の会話にしか聞こえなかったが…ハハ)
印象としては、まず窓が大きい。センターピラー(覚えた!)が無いから当然なんだけど。さらに、目に付くところにいろんなスイッチがあって、飛行機のコックピットみたい(ハンドルが手前に調節できたり、パドルシフトがついてたり、ソレっぽいわけ)
ただ、リアシートへの乗り降りが思った以上にしづらい。
以前台場のトヨタショールームに展示してあったポルテではもっと楽だったなぁ…と思った。
しかも、リアシートに座ると…窓が小さい!
これじゃあ、後ろに積んだジジババが景色を楽しめないなあ…

エアバックもいろんなところに仕込んであって安全性も高そうだし、運転も楽しそうだけどね!

礼君の車に戻るまでのほんの10メートルほど、小雨がぱらついていたので助手営業マンが傘(レースクイーンみたいなヤツね)を差してくれたのが必要以上に嬉しかったのは、ワタクシが古い女だからか?

で、その1週間後、トヨタのディーラーを目指した。
ポルテ試乗車があるディーラーをネットで調べて行ってみた。
でもね、無かったんですよ。
「申し訳ございません。今日だけ他の店舗に貸し出しておりまして…」
せっかくその気で出掛けてきたので、今日乗りたい。
一番近い所を教えてもらう。近いと言っても、尾山台から蒲田ですよ・・・まあ、いいけど。

乗ってみたけど、やっぱりポルテのほうがリアシートへの乗り降りがしやすいね。助手席がピターっと前に出るし、足元低くて天井の高さもあるから、楽な体勢で乗り込める。
スライドドアは左だけだから、リアシートも右側に座ればそれなりに窓が広く景色も見えるし。
ただ『1007』みたいにスイッチ多くないから、多分つまらないけど…
礼君も、プジョーのときと違って営業マンとあまり会話することなく試乗してました…(笑

どうするかわからないけどね、今日、家のポストに入ってました。
20060519112859.jpg
蒲田からここ(田園都市線宮崎台)まで来たんだ…
ありがとう、ちょうどこんなの欲しかった!ご苦労様です。


 オイル交換
2006年05月17日 (水) | 編集 |
ギアチェンジがなんとな~くギクシャクするようになったので、
そろそろかと思いNAPSへ行ってきました。

前回はいつだったか…
確か、10,000キロだったか…?
換えた方がいいよ!とスズキさんに言われ、NAPS世田谷に付き合ってもらい、たまたまブースが出ていたモチュールのセールスマンに「バナナの香りがする」と言われ、まんまと購入したような…
で、当時まだモチュールの量り売りがなくて、3L分の缶を買い、残りの200ccだかの中途半端な量を添加剤で補うという、実に強気な買い方をしたのを憶えています。
その足で白バイジュニアのお宅にお邪魔し、作業をしてもらったなぁ。
スズキさんが最後の一滴までしぼり出してるのをアイス食べながら見ていたっけ…っつう事は夏だったのね。
うーん、懐かしい。その節はどうも有難うございました。

と考えると、それからかなり経ってるし、もうすぐ20,000キロですからね、換えないとまずいんでしょ?よくわかんないけど。
マイバイクにはデカいステッカーも貼ってあるので律儀にモチュールにしてみました。
「エレメントはどうしますか?」
「・・・。・・・。・・・?」
「えー、フィルターです」
はじめからそう言ってくれ。巣鴨のオバちゃんでもわかるように…
聞くと2回に1回で良いそうだが。
うーん…前回スズキさんが換えてくれたような気もするが…
でも時間経ってるしなぁ。よし、換えましょう。

平日なのに1時間半弱待ち時間。長かった…

ついでに前から気になっていたタイヤに窒素注入してもらいました。
前後ともかなり低かったらしい。(リア2.9のところ1.5だった)
「オイルも換えたし、かなり走り味が良くなったハズですよ!」
と若いお兄さんに笑顔で言われウキウキして帰ってきました。

・・・

でも・・・・

げっ!違いが判らん!

と思っていましたが、V-TECの変わり目の音がかなり違う事には気付きました。
良かった良かった。

モチュール300V15W/50 3.2L    9,280円
ヴェスラオイルフィルター    1,180円
ワッシャー            100円
オイル交換工賃          500円
フィルター交換工賃       1,000円

税込み合計12,663円なり

他、窒素ガス210円。

なんか、バイク海苔っぽいなぁ…


 く、苦しい…もう食べられません
2006年05月15日 (月) | 編集 |
米沢牛で腹をイッパイにする…
週末は、そんな夢みたいなツーリングに車で参加しました。
喜多方駅で他のメンバーと合流しラーメンを食べるはずだったのですが道が混んでいたこともあり宿泊地で合流することに。
礼君とワタクシは、すっかりラーメンモードだったおなかを納得させるため、どこかのサービスエリアで喜多方ラーメンを食べよう!と意見一致。トイレ休憩で立ち寄った安積PAにも「喜多方ラーメン」のノボリがあったのですが、しょぼ~いカンジが伝わってきたのでもっと喜多方寄り(?)の大きなSAにしよう!と隣の安達太良SAを目指しました。
そして、ありついたラーメン。
なぜか『喜多方』の文字は発見できませんでしたが、きっと喜多方ラーメン的なものだろうと勝手に判断。
20060513122746.jpg

『あだたらラーメン(煮卵入り)』680円。
しかし・・・
わくわくしながら携帯でラーメンの写真を撮るうちら二人の姿は、傍からは気の毒なカップルに映っていたでしょう。
だって・・・
写真を撮るほどの大したラーメンでは、決してなかったから!!

スープはなぜか一口目は油っこく(サラダ油か?)、それなのに薄味で(醤油のみか?)、麺は一応ちじれているがかなり柔らかく(年寄り向けか?)、チャーシューにいたっては旨味が抜けきった肉片(どこの肉だ?)という感じ。
スキー場のラーメンのほうがよっぽどマシ。
ああ、悔しい。二人でひとつにしとけばよかった。
そしたら『伊達鶏キーマカレー』で気を取り直すことも出来たかも…
まあ、嫌なことはとっとと忘れて蕎麦と肉に思いを馳せることにする。
20060514091657.jpg
雨にも負けず…の方々と本日のお宿『天童温泉二見館』にて合流。
皆さんの装備を見ると、やっぱりバイクって好きじゃないと乗れないなぁと思いますわ。今回の道中、高速走っている時に雨に打たれて走っているライダーを見ると思わず「ご苦労様です」と声をかけちゃったもんね。

で、早速温泉入って一息ついて、18時から『やま竹』にて蕎麦です。
ほんのり青みがかったお蕎麦で、香り、歯ざわり、のど越し満足させていただきました。
肝心の蕎麦写真はいろんな人が撮っていたので、敢えてこれ。
20060513183031.jpg
のん兵衛には堪えられない「焼酎蕎麦湯割り」ね。
トロトロしててホント美味しいんだよね。二日酔いもしないし、蕎麦屋にいくと必ず呑んじゃいます。

で、翌朝は肉に向けて9時出発。
20060514092425.jpg

20060514220042
この一週間、この事しか考えられませんでした。米沢牛。とろけました。
20060514112759.jpg
所要30分程度か?あっという間に平らげてしまいました。
焼いている時間ももどかしい!とばかりに殆ど生に近い状態で食べていたような記憶が残っています。
しかしあれだね、タレじゃなくて塩で食うもんだな、うまい肉は。
次回からはそうしよう。

で、牛のあとは豚。善良バイク集団と別れ、帰りがてら宇都宮で餃子を摂取。
20060514185647.jpg
みんみん本店』
20060514190534.jpg
焼き・茹で・揚げの3種のみ(全て220円)で勝負しているお店で、かなりお客さんが入ってますが回転が早いので待つこともないです。
気になるお味…あっさりしてまして、皮は厚めなんですねぇ。ニンニク臭くなることもないのでデート中のアナタにも安心!てとこですかね。
揚げ餃子の粉っぽさが気になりましたが、あれだけのお客さんの心を捉えているワケですからきっと美味しいんでしょうね…

おなかイッパイでいい加減もう入らないよ~とか言いつつ、他の店の餃子と食べ比べるために『来らっせ』へ。
食べられるお店が曜日ごとに替わるようです。とりあえず『めんめん』(紹興酒入り)、『シンザ』(薄皮)、『シンフー』(海老餃子)の3店の餃子を頼んでみました。
さっきの『みんみん』の皮の厚さが気になっていたので薄皮の餃子に期待していたのですが、『シンザ』は具がちょっと水っぽいかな~
『めんめん』は身がしっかり詰まり、ニンニクも効いていて「餃子」という感じ。『シンフー』の海老餃子はしっかり海老の風味がします。味も濃いので若い人向け・おつまみ向けですね。
今回の4軒の中では『めんめん』が一番、好みでした。

最後。
宇都宮の長崎屋でカーネーションの花束をゲットするれいさま。
20060514195818.jpg

運転、お疲れ様でした。

 たまごって
2006年05月11日 (木) | 編集 |
温泉たまごをレンジで簡単に作れないか?
ふとそう思い、ネットで調べているうち、とあるHPに行き当たった。

薄暗い中で撮影された実験写真が、とりあえず怪しい。
さらに科学の実験を思い出させる単語の数々。管理人はただ者ではない。
是非見ていただきたいのですが、トップページからさらに多岐にわたる料理実験を読むことが出来ます。
電気イカや、ビール再生、レンジでパンを焼く、ミカンの皮を剥く…
とにかくその探究心に脱帽。
理系の人ってこういうこと考えて生きてるんですかね?

で、あまりの面白さに彼の実験を全て読破し、得た結論。
「レンジで温玉は作れる」
今朝、起き抜けにやってみた。読んでから時間が経ってるので、所々自己流。

①たまごを1個用意(常温にすべきか?とも思ったが、とにかくやってみたかったので冷蔵庫から出したばかりの冷え冷え)
②キッチンペーパーでくるむ(彼はタオルを巻いていたけど。レンジ内での爆発に備えてか?)
③生解凍機能で5分(確かコレくらいって書いてあったような…適当)

くるくる回るソレを、爆発しないかハラハラしながらしながら見守りましよ。

5分経過。
出してみると、おお暖かい。見るとヒビが入ってます。
ただ白身が固まっているのでこぼれ出てはいません。
・・・って、白身がこんなに固まってたらだめじゃん!
普通のゆで卵じゃん!
中は?黄身はどうなっているのか??
殻を剥こうにも、熱い。水で冷やしながら剥いてみた。
「爆発することもある」って書いてあったし、被害が少ないように流しで慎重にムキムキ。
握った感じ、黄身はかなり硬くなっている様子。
ああ、イメージと違う・・・白身からしてこんなにしっかり硬いし、失敗か?

あきらめつつ、御飯にのせて頂こうとスプーンを刺した瞬間、
「ポンッ」

はじけましたよ、たまご。
黄身が見事に飛び散りました。

結論:慣れないことをすると良くないことが起きる。

ちなみに、はじける瞬間、咄嗟に目を閉じたらしく顔中に黄身が付いたにも関わらず目の中には入りませんでした。

堕落した現代人でも、防御本能はそれなりに機能しているんですね。
それに気付いたことが今日の収穫です。

 季節感
2006年05月10日 (水) | 編集 |
F1000021.jpg

実家の梅です。
セツコさんは毎年コレで梅酒と梅ジュースをこしらえてます。

さわやかに始まった今日のブログですが、悲しいお知らせです。
・・・
服部君、売れなかった。




気を取り直して、以前から気になっていたこれを食べてみた。
20060510131150.jpg

マルちゃん『沖縄の風チャンプルー焼きそば』

キッチュな色合いのパッケージには
「そうめんチャンプルー風に仕上げた塩やきそばで沖縄気分を満喫!」
と来たもんだ。

いいねぇ、関東に居ながらにして沖縄気分を満喫!

食べてみた。


やっぱりね、178円じゃ、沖縄行けないんですよ。

今回で確信しましたが、カップ焼きそば系の塩味は押しなべて不味いね。

 厄払い
2006年05月07日 (日) | 編集 |
学生時代の友人で誕生日を祝い合うという美しい慣習。
今年も祝っていただきました。
恵比寿『De ROANNE』でランチ。お料理はそつなく、ボリュームも女性向けで程よい。店内はミセス集団(15名ほど)と中年ご夫婦数組、女性グループといった感じでした。
何と言っても新鮮でほほぅと感心したのがこのプレート。
F1000024.jpg

誕生日のゲストがいると、通常はデザートプレートに同様の文面が飾り付けられて出てくるんだけど、この店はデザートは通常と変わりなく、コーヒーのお代わりと共にこのお皿が出てきました。
単純に出し忘れただけ…な気もしなくは無いですがね。
とにかく色が鮮やかで、感動しました。ヨーグルトとマンゴーなどが絡み合い、思いがけず味のほうも良かったです。

その後は多摩川園の浅間神社へ。
F1000023.jpg

足を運ぶこと今年で5回目(一昨年の前厄払いは、うっかり忘れていた)、今年は後厄払いです。
毎回、恐らくワタクシ達よりもお若い神主さまに厄を払って頂いてます。出会った当初は初々しかったのに今ではすっかり貫禄が出てきた神主さま。どうやら我々の名前を覚えているようでした。そんなところで時の流れを感じます。

神社から見下ろすこの景色もお気に入りです。
F1000022.jpg



 晴天
2006年05月01日 (月) | 編集 |
天気に恵まれた連休。
服部君で出かけてみてはいかがでしょうか?
只今売り出し中。

昨日はお見舞いミーティングでした。
バラードさん、元気そうで何よりでした。
ベッド横にはヘルメットが鎮座してました。
メッツラーのTシャツ着てました。
大丈夫でしょう。

その後、ココスに移動しスペシャルゲストを交え昼食。
緊張する新井さん…
バイクという、いかにも男クサいワールドをコグちゃんとワタクシで中和出来たかどうか…
お役に立てれば幸いです。
しかしながら、やはりごく一般の女性を取り込むのは困難だと思われるジャンル。
お見受けするに極めて女性的な方でしたので…健闘を祈ります。

で、コグちゃんにもらいました。
20060430182101.jpg

た~けのこ~御飯で御座います!
家に帰るなり早速平らげてしまいました。
作った本人は薄味と言っていましたが、丁度良いお味でした。
おいしかったです。ありがとう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。