スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 人生初モスク
2010年12月30日 (木) | 編集 |
コタキナバル5日目。旅行最終日。
朝ご飯を食べた後、キナコはエステオプショナルツアーに参加ですが、美人ママはパスしまして街をウロウロと徘徊。
ただし、この日は月曜日。あとから気付きましたが、閉館している所が多くて後悔~

『State Mosque』(サバ州立モスク)へ。ホテルからタクシーで7、8分。

201011300919.jpg  201011300905.jpg

お祈りの時間以外なら観光客も入れると言うコトで…

201011300900.jpg  201011300858.jpg

つか、他にだーれも居なくて焦りましたわ。
やはり身なりはイスラム教仕様にしないといけないらしく、ガードマンのおにいさんが笑いながら頭に巻きつけてくれました。
かなり暑かったです。

201011300856.jpg  201011300857.jpg ←お掃除中でした

201011300859.jpg

モスクを出る時、何やら記帳させられました。名前とか、感想とか…。
感想と言われましても…と悩みましたわ。
チャペルと違って装飾も無く、いたって質素。ぶっちゃけ普通の講堂みたいな感じですね。

時間はたっぷりあるので、街までは歩いて帰りました。車の交通量にはホント驚きましたわ。
しかも皆さん程度の良い車をお持ちなんですねぇ。
アルファロメオは見なかったけど、ベンツやBMW、フェラーリが走ってましたもん。

街中の地元民で賑わう食堂でランチ。

201011301244.jpg

201011301218.jpg  201011301221.jpg

オムライスと、見た目は先日のラフティングの川の水。命名:泥水スープ。
味わっても、何スープなのか不明。オムライスは美味しかった!

実は、ここコタキナバルには仕事で10年程前に来たことが有ります。
その時はここを拠点にしてサラワク州にあるセピロックオランウータン保護センターに行ったのですが、
当時はかなり知られざるリゾート地で観光客にもそんなに会うこと無かったのですが、今回訪れてみてその変貌ぶりに驚きましたわ。

201011301043.jpg スタバが有るなんて全く予想外。

201011301031.jpg  201011301029.jpg

201011301035.jpg

201011301033.jpg

201011301315.jpg

201011301027.jpg

201011301025.jpg

201011301028.jpg

201011301209.jpg

201011301034.jpg

201011301038.jpg

201011301037.jpg

16時35分の飛行機で羽田着23時。
ディレイしたら足が無くなるぅ~と恐れていましたが、予定より気持ち早目に着いてラッキー!

コタキナバル。東南アジア。
貧しさと経済発展。混沌としていて面白いけど、、、なんだか少し寂しくなりました。
どこに向かってるのかなぁ、人類は。

スポンサーサイト

 街歩き~
2010年12月28日 (火) | 編集 |
コタキナバル滞在4日目。
(すいません、続いてます)

前日のラフティング後遺症の倦怠感&筋肉痛&関節痛により「うう~~」と唸り声を出しながら迎えた朝。
いや、まじ中高年の体にはかなりキツいっす。
それでも9時半くらいにホテルを出て、「うう~うう~」いいながら日曜朝市へプラプラ出かけます~

201011290931.jpg  201011291000.jpg

やっぱり市場って面白いわ。
カメラのバッテリーがアレで、写真を撮れなかったんだけど(キナコから拝借)、
至る所で子猫や子犬が売られてました。確か一匹12RMとか。
ヒヨコの方が高値だったような…

いや、いかんせんひと月前の記憶なので間違ってるかも。
サンデーマーケットの近くはバックパッカー向けの安宿や、西洋人向けのホテルが多いみたい。
カフェなんかもそういう雰囲気でしたわ。

これと言って見に行くべき所が無い中、観光マップから無理やりチョイスの「時計台」を目指し歩いて行くと、警察署発見。
ぐいぐい入っていき(笑)、、、記念撮影。

201011291101.jpg  201011291100.jpg

なんだろ。このゆるい感じは(汗
ポリスマークのデザインの問題?赤色灯が無いのも不思議。

201011291109.jpg

↑この時計台は、サバ州で一番古い時計台らしいが…
「で?」っつう(苦笑

ガッカリしつつ一旦、ホテルに戻り、、、
ひと休みしたあと「ワンボルネオ」というショッピングモールへ行ってみました。
街中からシャトルバスも出てますが、とりあえずホテルからタクシーで20分くらい(15RMだったか?)

まぁ、観光で行くところでは無いですね(笑)
ボルネオっぽいお土産を買おうと思ってたんだけど、そういう感じではありませんでした。
朝から変わらずの重たい体を引きずりながら、ホテルへ戻るジャパニーズ。
帰りのシャトルバスが、異常にクーラー効きすぎでさらに体調が悪化。

といいつつ、↓こういう時にはどっこいしょ!と気合いでテンション上げ~。

201011291840.jpg  201011291841.jpg

CBXって書いてあったけど、、、はて?そうなのかしら?

201011291910.jpg  201011291911.jpg  201011291923.jpg

シーフードをしこたま食べた「セドココンプレックス」の道路を隔てた向かいにあるレストランにて。
マレーシアに来て「ラクサ」(米粉の麺)を食べていなかったことに気付き、最後のチャンスとばかりにオーダー。
ただしこれがかなり辛かったのだわ~

最後の夜つうことで、やはり今夜も飲みます!ウオーターフロントなりよ。

201011292048.jpg フィリピンから出稼ぎのウェイターくん撮影。

201011292019.jpg  201011292018.jpg

201011292045.jpg 前回美味しかったのでリピ!キナバルスリングをオーダーさ!

つか、
ラフティングを初日に持ってこなくてつくづく正解でした。
抜け殻でしかなかった一日…


 初ラフティング
2010年12月25日 (土) | 編集 |
201011281337.jpg ←いわゆるラフティング。楽しそうじゃん…?

コタキナバルでやれるアクティビティというか、観光というか、そんなに選択肢は無い。
その中でもラフティングはオススメなようだったのでキナコも美人ママも未経験だったし挑戦することにしたのだわ。
初心者向けと経験者向けがあるのですが、そんなに違いは無いと言うことだったので経験者向けのパダン川の方をチョイス。
実は、こっちのコースだとローカル列車もしくはトロッコでの移動も含まれると言うことで、なんか楽しそうじゃん?
ランチ込みで190RMだったか?

ウキウキしながら送迎ワゴンに乗り込みレッツラゴー。

201011280732.jpg

201011280733.jpg

途中で白バイに遭遇したので急いで激写してみたのだわ。

ラフティングツアーのガイド、ヘンドリーは話の面白い奴だったのだがかなり良い加減。
なぜかオンナ連れ(笑)
初日のリバークルーズのガイドもなぜかオンナ連れで仕事に臨んでいた。
お国柄なのか???

彼の説明によると、この日は他に客がいないとのことでラフティングのガイド兼インストラクター(?)・キンコンさんとヘンドリーとウチら二人の4人で川を下るらしい…

か弱いオンナ、しかも初心者のウチら…大丈夫なのか?
イメージではみんなでワイワイやるもんだと(汗

201011280930.jpg 片道3時間!途中のお茶休憩。

「フェイスブックに乗せるの~」とウチらとの写真を撮りまくるカノジョ。
ヘンドリーとラブラブ写真も撮ってたなぁ。お前ら、仕事中にいったいなんなんだ!!!怒

201011281114.jpg  201011281130.jpg

ランチ場所で着替えを済ませ、キンコンさん合流…

201011281215.jpg 201011281223.jpg 201011281248.jpg

キンコンさんと3人で列車に乗り換え…
(この時までは超楽しかった…)

とある駅に到着。

あれ?
待っていると思っていたヘンドリーが居ない???
キンコンさんに尋ねると・・・

な、なんと!
3人だけでラフティングすることが判明。
ちょっと待て、あの良い加減オトコはきちんと説明も無いままウチらを置き去りっすか???

201011281246.jpg  201011281249.jpg

やばい。
かなり、やばい。
何がやばいって、キンコンさんの英語が判らない。
駅の横にある小屋でオールの持ち方とか、座り方とか、万が一落ちた時にどうやってロープにつかまるかとか、説明を受けるのだが3割くらいしか通じてません。

でも、これって命に関わることなのでは????と青くなるジャパニーズふたり…
川に落ちたら?
そんで岩にぶつかったら??
洒落にならないんですけどぉぉぉぉぉぉ

201011281337.jpg ←参考までに、ふたりの頭の中にイメージしてたのはコレ。みんなでワイワイよ!

しかもさ。
川のすぐ横にスタンバイ場所が有るのかと思うじゃん、普通。
そうじゃないのよね。
レクチャー受けた小屋からボートを引っぱり出し(ウチらも手伝わされ)トロッコに乗っけて運搬…って、そっからやらなきゃいかんのかいっ!

201011281324.jpg

このゴムボートがかなり重いのよ。ラフティングする前にフラフラです。
予測しなかった事態の連続で、キナコも美人ママも頭のネジが吹っ飛んだまま入水・・・。

201011281338.jpg  201011281402.jpg

写真とか、そんなんもうどうでも良いのにキンコンさんが撮る気満々なのでお付き合い(笑)

201011281432.jpg いや、ホントにもう写真どころじゃない…精一杯のポーズなり

1時間半くらい流されていたか?
ようやく(笑)恐怖のラフティングが終り、陸地に這い上がりました。

でも、ここにもヘンドリーの姿は無く、、、
ずぶぬれで体が冷え切ってるのに、着替えはワゴンの中、、、

しかも、ここからトロッコに乗って、さらにボートに乗り換え、さらに列車に乗り換えることになっている!
(キンコンさんの説明なので、聞いた時点ではどこまで正解なのか謎めいているワケだが)
さらに!
キンコンさんはココでサヨナラすると…
駅に行けば、ガイドが迎えに来ると…

はい?
ウチらだけで駅まで辿りつけと?

はい?

もうね、激流に揉まれて生命の危機を十分に味わった後なんで感覚がマヒしちゃいましたけどね、
それって大丈夫なのか?と。。。
ジャパニーズふたり、コタキナバル郊外の山中に消える!とかいう事態になったりしないのか?と。。。

201011281526.jpg

201011281530.jpg  201011281536.jpg

確かに「トロッコ、乗ってみたい~」と言いましたよ、ワゴンの中でまだ元気な時に。
だから良いんですけどね…
初めの3分くらいは楽しかったわよ、確かに。
でもさ、
体制がかなりキツイのよね。
一台にふたりで並んで座り、漕ぎ手のおっさんが横に立ってるので体制を変える余地もない。
腹筋および背筋、転覆に備えてトロッコの後ろに手を添えて…そして線路からの振動。
キナコとの間に会話は完全に無くなりましたよ。

ま、そんな感じで15分くらいか?

なんにも無いところにおにいちゃんが一人。そこでトロッコから降ろされ、土手をくだり、、、

201011281604.jpg  はぁ。

モーター付きのボートで5分くらい移動し、駅が有るらしい土手で降ろされ、、、

その時点で、このボートのおにいちゃんは姿を消し、、、

とりあえず駅があるんだろうと思われる方向へ民家の横を通り抜けるジャパニーズふたり。

駅のホームのベンチにへたり込んで1時間以上待っただろうか…
もちろん着替えもタオルも無くズブズブのまま。

ようやく列車が来ましたよ。

そんで列車の中からひょっこりとヘンドリーとワゴンのドライバー登場。。。。
あの男。。。
でも、ようやく英語が通じたのでホッとしたのだったわ~

乗り込むとそこにはクーラーボックスが…そういう所だけ「仕事」なのか???
「どうして一緒に来なかったのよ!!!」って怒ったら
「腹の調子が悪かった」って…
もう明らかにウソなんだけど~

201011281717.jpg 列車のドアは開いたまま走ってます…

ガタンゴトン揺られること30分くらい?
ようやくワゴン車に戻れて、着替えが出来たわ。体をふくためにホテルで借りたタオル、全く使わなかったし(怒

ホテルまでは車でまた3時間くらい?
くたびれ果てましたよ。。。

熱いシャワーで体に喝を入れ、夕飯を食べに街へ。もう、歩き回る気力は無いのでその辺で適当に。

201011282146.jpg ドリンク込み2人合わせて12RMだったかしら?

201011282220.jpg この手の2輪が多かった

201011282245.jpg 無事の生還を祝ってホテルのバーでカクテル~

(基本的に旅に出ると、何か飲まねば一日が終わりませぬゆえ…)

201011281406.jpg

↑キンコンさんに「スイム!スイム!」と促され、とりあえず川に流されてみた図。
いやぁ、なかなかシビれた一日。生還出来て良かったですわ。

つづく

(1RM≒29円)

 おさかな~
2010年12月08日 (水) | 編集 |
201011271155.jpg

コタキナバル二日目の朝。「ストーム」予報だったのに、起きてみたら快晴!

201011270830.jpg オムレツがすんごいボリウムですの

9時オープンのホテル内ツアーデスクで速攻9時半発のアイランドツアー(55RM)をブッキング。
アイランドホッピングといって2島くらい回るツアーが人気のようだけど、事前情報によるとどの島も大差ないようなので、一つだけに絞りましたわ。
ビーチ用のタオルはホテルで借してくれました。

201011270943.jpg フェリー桟橋からのボートのはずがタンジュンリゾートホテルで降ろされ、そこから島へ。

プロムナードホテルに入ってるツアー会社は独自ルートを持っているのかしら?謎。

201011270959.jpg 韓国人ファミリーと、中国人カップルと一緒に乗り込みまする

201011271117.jpg マヌカン島に上陸。

島に入る時、国立公園入島税として10RMを払わされました。
ツアー代金に含めておいてくれれば良いのにねぇ。

201011271105.jpg ビキニな女性たちの中、美人ママは長袖長ズボンwithグローブの完全シュノーケラー仕様で!
(もち、マイフィン&3点セット持参)

201011271125.jpg ビーチアクティビティを進められましたが、手持ちの金が無く…

『Fly Fish』とかいうのが面白そうだったわ~残念!(写真は顔をぬらさず水中散歩できるアレね)

201011271110.jpg  201011271252.jpg

遊ぶ金は無いけど、ビールは飲みますよ~
陣地のそばにあったレストランではTigerは17RMだったけど、他の売店ではカールスバーグもTigerも10RMだった。

あははうふふ~なビーチで、なにやら不思議な空気が流れております…

201011271122.jpg 西洋人、凝視! その視線の先は。。。

201011271123.jpg 201011271303.jpg

イスラムな女性たちが、果敢にもズブズブと…


いやぁ、こういう光景は初めて目にしましたので驚きです。
いくら文化だとはいえ大変だなぁ、と。
でも彼女たちはとっても楽しそうに泳いでましたわ。

201011271144.jpg  201011271145.jpg

201011271147.jpg 201011271158.jpg 201011271151.jpg

201011271152.jpg 201011271201.jpg

キナコは売店で3点セットをレンタルしてました。
あんまり期待してはいなかったけれど、予想以上に魚が居ましたね~
鼻がながーい大きな魚も見かけました。

あ、ナマコもね~(なんでもナマコ石鹸がお土産として人気のようです)
泳いだ後は公共シャワーで海水を流し、15時半のボートで戻りました。

ホテルで再度シャワーを浴び、さっぱりしたあと街を徘徊。

ランチはポテチだけだったので、とりあえず腹が減っており、、、
そのうち雨も降ってきたりしちゃって、雨宿りに入った食堂にてお茶休憩。

201011271804.jpg ケーキとコーヒー。ベトナム風に練乳が底に沈んでます。

夕飯は、キナコがチェックしておいてくれたメガなフードコート「セドココンプレックス」へ。

201011271835.jpg 「おねえちゃん、カニはどうよ?」「75RM!無理ムリ~!」

201011271837.jpg 201011271839.jpg 201011271840.jpg

201011271842.jpg 魚とか貝とか野菜とか、好きな調理方法でオーダーします

写真を撮る方が面白くて、オーダーはキナコにお任せ。
「このお魚でいいかしら?」「味は○○でいいかしら?」と聞かれたことに「ああ」とか「うう」とかボソボソと答える美人ママ。
なんか、、、
長年連れ添った夫婦みたいだったわ~(爆)

201011271853.jpg 201011271900.jpg 201011271904.jpg

屋台風なお店も有って、ついお願いしちゃった「牡蠣入りオムレツ(だったか?)」(10RM)
まだ見ぬ日生のカキオコに恋心を抱いている美人ママなりよ。

201011271848.jpg 201011271849.jpg

201011271902.jpg まぁ、カキオコには程遠い感じです(笑)

大人数で来るといろいろ食べれて良いと思いますが、いかんせん少食な女子ふたり…
頼みすぎた感が満載のテーブル。
オススメはサバ州特産の青菜。小松菜とチンゲン菜をミックスしたような感じ(あくまでワタクシのイメージ)。
美味しかったわ~

201011271905.jpg 201011271930.jpg

食い過ぎで就寝・・・(でもこれだけ食べてビール飲んでも一人50RM強よ~安い!)

つづく

(1RM≒28円?)

 パンパースザル
2010年12月03日 (金) | 編集 |
羽田で食べたアイスクリームと相性が悪かったようで、飛行機の中でトイレに立てこもることになった美人ママ。
着いた日は一日、筋肉痛に似た微妙な腹痛に苦しみました。

201011260655.jpg 朝6時20分、空港着。現地ガイドのホテル送迎付きなので両替せずにGOひろみ。

201011260656.jpg サイさん。腹話術みたいな話し方がキュートと言えなくもない。

201011260658.jpg 「両替はホテルで出来るヨ」(と言い、着いたらサイさんが個人的に両替っつう…)

宿泊先は『Promnade Hotel』。アーリーチェックインしてしばしリラックス。
キナコから正露丸を恵んでいただき服用。

201011260751.jpg 朝ご飯を食べながら滞在中のスケジュールをキナコと相談。

あ。


引っ張りすぎましたが、
今回の渡航先は、ボルネオ島マレーシア領のコタキナバルという都市です。
サバ(Sabah)州の州都で、かなり都会です。

a_18_malasia_500n.jpg ボルネオ島はマレーシア、ブルネイ、インドネシアがあるヨ

ホテル内ツアーデスクで、当日のリバークルーズ(190RM)をブッキング。
ボルネオ固有種のテングザルが見れちゃう感じのクルーズで、ディナーつき。
14時出発なので到着当日の時間も有効活用できるっす。
ちなみにマレーシアの通貨はリンギット。1リンギット(RM)は28円くらい。

201011260827.jpg 雨も上がったので、早速近所をウロウロ。

201011260829.jpg 201011260831.jpg

暑い国のオトコどもって、基本的には仲間でたむろって怠けているような気がする…

201011301024.jpg 201011301027.jpg

コタキナバルの街中はかなりの交通量。そして横断歩道が極端に少ない。
有って欲しいところに信号が無く、2車線・3車線の道を信号なしで素早く渡らなければいけなかったりするので
かなり旅行者は気をつけなければいけないのだわ。
しかも交差点がロータリー式になっていたりして、思わぬところから車やバイクが出現したりして怖い。
動体視力&リズム感が要求されるので、老人が横断している姿はまず見なかったあるヨ。

201011261204.jpg ショッピングモールのパン屋で、太巻き状のパンゲット。 

201011261231.jpg でんぶみたいなのがまぶしてある。しょっぱ甘い。2RM

14時ホテルにバスが迎えに来て、キリアス川へ。いろんなホテルを周り総勢20人くらい。
トイレ休憩含め2時間半くらいかかったかしら?遠いっす。
船着き場のレストランでお茶とスナックをいただき、ボートに乗り込みます。

201011261613.jpg さばネコ。サバ州なだけにね~ くっくっく。。。

201011261643.jpg 201011261651.jpg

「屋根付きのボート」と聞いていましたが、そんな気配は無かったです。
まぁ、よくあることですが(笑)
雨が降ると屋根付きのボートが登場するのかも知れませぬ。

201011261645.jpg とかげが居るヨ

201011261716.jpg 

これがボルネオ固有種のテングザルさま。葉っぱを食べます。鼻がデカいです。
特にオスは鼻のデカさでモテ度が決まります。ハーレム状態で群れを作るらしい。
腹が出てるのは、胃が二つあるかららしい。葉っぱに含まれる毒を消す胃と、消化する胃。
(美人ママの聞き取りはかなりアバウトなので保証できない情報です)

201011261655.jpg 後姿に意表を突かれましたわ。なんでしょう、このオムツをあてたみたいなおしり。

陽が落ちる時間を見計らってスケジュールが組まれているようで、スタート地点に戻る道すがら(川すがら?)ホタルが光っている様子を観察します。
ガイドさんはホタルの事を(いや、この光の事か?)Fire Flyと呼んでましたが、実際、飛んではいなかったですねぇ。
日本のホタルよりもかなり小ぶりで光りの大きさも小さく、光り方も素早くチラチラ~とちらつく感じでした。
数が多いので、とても綺麗でしたわ。

201011261846.jpg スタート地点の船着き場に戻り、レストランで夕食。

ブッフェスタイルで品数もボリュームも少なかったけど、まぁ、こんなもんなのかな?
テングザルに会えて初めは感激したキナコと美人ママでしたが、
中国人のハイテンションなおしゃべりがうざかったからだろうか、
徐々にエネルギーが放電してしまったような…(笑)

またバスに揺られてホテルに帰着。
テンションを上げるべく、ホテル近くのウオーターフロントでアルコールを摂取。
オリジナルカクテル(18RM)を一つ頼むとひとつタダになるっつうコトだったので迷わずそれをいただきました。
「キナバルスリング」っつうのがとても美味しかったわ~

201011262200.jpg


ほろ酔い気分でホテルに戻り、おとなしく就寝。

つづく


 5泊6日だか4泊5日だか・・・
2010年12月01日 (水) | 編集 |
そんなこんなで、海の向こうへ行ってまいりました。
今回は羽田からっつうことで京急で一本♪
しかし、ネットで電車の時間をチェックしようとしても、なかなか駅名がマッチしなくて超イライラ。
きちんと「羽田空港国際線ターミナル駅」とインプットしないと駄目なのよ。
最近、こんなささいなコトでとってもイライラするのよね。
やっぱりアレでしょうかね?
しかも切符無くしちゃうし。この前も落としたのよね。
なんだかなぁ・・・

さて、気を取り直しまして。

今回は6日間のツアーなのですが空港集合が23時20分、フライトが翌01時20分という設定。
それで一泊分の勘定になっており、なにやらだまされた気分です(笑)
羽田からの国際線は、ほとんどが深夜出発のようですね。
でも営業終了してる店ばかりなので活気が皆無。
かろうじて開いているカフェで時間をつぶしましたわ。
そしてこの時食べたアイスによって、美人ママの腹は飛行機の中で大変なことになりました。

あ、今回は一人じゃありません~

でも、、、

連れは男じゃありません~

ですよね。

201011242336.jpg 連れ:キナコ~

201011242335.jpg 東京タワーを確認

201011250210.jpg 夕飯、食べてきたけどやっぱりココでも食べちゃうのよね

201011260618.jpg 機長、現地は雨降ってないって言ってたのに…

201011250614.jpg まんまと降ってましたわ

さて。

どこに着いたのでしょう?続く


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。