スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 それぞれの本能
2011年03月31日 (木) | 編集 |


猫って、本能的に顔に水がかかるのを嫌うハズなんですけどねぇ。

スポンサーサイト

 今週の4枚
2011年03月26日 (土) | 編集 |
201103261853.jpg

【追記4月2日】
まったくジャンルが異なる4作品だったワケですが。。。
一番気に入ったのはコレでしたわ。
nine-movie.jpg 『NINE』(本心としては…こんな感じのオトコ祭りバージョンが観たい!)

全く期待せず、ここ最近の陰鬱な気分をちょっとアゲられそうだったので選んでみたのだったわ。
まぁ、何せ女優陣が綺麗。踊りも歌もすべてが豪華。画面通して香水の匂いがボワァ~ンと拡がってきます。
舞台も観たこと無いし、フェリーニの『8 1/2』は昔観たものの「はて?なんじゃろな?」で終わってしまいほとんど記憶から消えてますが、、、
この映画は好きですねぇ。

『プレシャス』も好きですね。救いようのない環境の中でも頑張って生きるのよ!!的な見せ方ではなくて、淡々としたペースで書かれているあたりが美人ママのツボです。


 感謝
2011年03月17日 (木) | 編集 |
出来ることがあれば、、、と、支援物資を送るお手伝いをしました。
基地に住む方の声掛けでたくさんの衣類・毛布・おむつが個人レベルで持ち込まれてます。

201103171542.jpg

ある若い男性は基地内のお店で買ってそのまま持ってきてくれた。
ビニール袋の中には、バンドエイドやメディカルテープなどが入ってました。
レシートと一緒にね。

201103171540.jpg

着て来たんじゃないかな?と思われるジャケットも寄付として置いて行きました。

201103171541.jpg

仕分けるのが仕事だったんだけど、
英語表記のクスリを送っても、向こうで「これなんだろう?」ってなるだろうと思い、
判りづらそうな品物「解熱剤(大人2錠)」とか、「痛み止め」とか書いておきました。

でも、、、突然の避難措置がどう影響するのかしら?
善意の寄付を無駄にしたくないです。



 停電
2011年03月13日 (日) | 編集 |
11日に発生した東北地方太平洋沖地震の影響で、横須賀・三浦地区では19万7,500件が停電し、12日未明にようやく復旧した。JR、京急ともに地震直後から終日運休となり、12日始発より京急が運行再開し、都心からの帰宅困難者が殺到して早朝から帰宅ラッシュとなった。JR横須賀線は逗子~大船間のみで運転再開している。(横須賀経済新聞)

12日朝9時には、「市民生活に支障がでないように」と横須賀久里浜イオンショッピングセンターの店頭で食料品・日用品の臨時販売が行われ、買い物客の長い行列ができた。横須賀モアーズシティは臨時休業。津波を警戒し、東京湾フェリー、トライアングルは運航中止。京急油壺マリンパークは臨時休館.。同日予定されていた長井朝市、走水の針供養祭、しょうぶ園フェアなどのイベントも中止に。

 気象庁は11日15時15分、横須賀東京湾岸で1.6メートルの津波を観測。横須賀市では11日15時30分、津波警報が発令されたことを受け災害対策本部を設置。吉田雄人・横須賀市長(@Yoshida Yuto)が自ら地震関連情報をツイッターで配信し、深夜まで市民に注意を呼び掛け、現在もツイッター配信を続けている。

 同市の発表では、小・中学校などに設けられた避難所に、2,760人(11日深夜)が身を寄せた。停電中に火災4件が発生し、2人が亡くなった。久里浜工業団地内の原子燃料製造施設「グローバル・ニュークリア・フュエル・ジャパン(GNF-J)」は、停電により操業停止した。

 海上自衛隊横須賀基地では、災害派遣の命を受けた護衛艦が宮城県へ向かった。横須賀を母港とする米海軍第7艦隊の旗艦「ブルーリッジ」は、寄港中のシンガポールで支援物資を補給し日本へ向かっているという。

 同市では、津波警報が引き続き発令されており、警戒を呼び掛けている。


いまだ余震が続いていますね。
家族ともども幸いなことに無事ですが、東北の状況には言葉を失います。
それに伴う原発での事故も心配。
ニュージーランドの地震、ハワイでの火山噴火、そして今回の大地震。
球の真ん中の方で物凄い変化が起きてるんじゃないか?何だろう、とても怖い。

美人ママの被害は皆無です。
棚の上に置いてあったアルファロメオの小さな時計が倒れてたくらい。

しかし!
停電になっているということを自宅に帰る19時すぎまで全く知りえなかったということが大問題だなぁと。
職場では日本のテレビも見れず、市内の様子もインフォメーションされなかった。
16時の時点で希望者は帰って良いことになったけど、その時に起きていたはずの停電については何も聞かされていなかったわ。
知っていたらすぐに帰ったのにねぇ。

実家の様子を見に行こうと、スクーターで16号沿いを走りだしてみたら県立大学の駅の辺りも真っ暗。
横須賀中央駅周辺の繁華街は帰宅困難者で溢れかえっていたけど、他に変わった様子が無かったのでてっきり自分の家の周りだけ停電しているのかと思っていたわ。
久里浜方面への道路は空いていたけど、逆方面は車が渋滞して動かず。
そしてしばし走りながら気が付いた。
「あれ?そういえば全然信号見てない??」
そうよね、停電ですから。

本当に街全体が真っ暗で、明かりは車のライトのみ。
信号機もアウトなので目視では瞬時に交差点が判らなくなってたのね。
どこで歩行者が飛び出してくるか判らないし、どのタイミングで横から車が割りこんで来るか判らんし、
慎重に運転しました。
『夫婦橋』交差点では警官数名が交通整理をしていたけど、その他の大きな交差点ではどうしてたのかしら?

実家に帰るとロウソク&ラジオを囲むイサオさんとセツコさん。
怪我も無く元気な姿を見てホッとしましたわ。ほら、年寄りは慌てて逃げようとして転ぶとか、あるし。
そこでようやく東北がどうなっているか、横須賀市内に何があったかが判った次第です。
・・・といっても、地震発生後すぐに停電したらしく両親はテレビニュースは見れていないのでラジオからの地震情報のみ。
その分、美人ママはCNN(だったか?)のニュースで津波が家や車を押し流す映像や、お台場辺りが黒煙に包まれて居る映像を見ていたのでその様子を二人に伝えたり。
横須賀の繁華街は停電していないことを伝えたり。(セツコさんは全国で停電していると思い込んでいた…)

いや、本当に情報収集って大事ですね。もちろん正しくないといけないけど、、、

【家族唯一の被災者】ニコラス巡査部長
【状況】初めて見る蝋燭の火炎に好奇心を覚え、様子を探っているうちに右脇付近の体毛に着火。セツコさんが直ちに消火したため大事に至らず。「猫ちゃんが焦げたのよ~」とセツコさんから笑いながら報告を受けた。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。