スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 たまごって
2006年05月11日 (木) | 編集 |
温泉たまごをレンジで簡単に作れないか?
ふとそう思い、ネットで調べているうち、とあるHPに行き当たった。

薄暗い中で撮影された実験写真が、とりあえず怪しい。
さらに科学の実験を思い出させる単語の数々。管理人はただ者ではない。
是非見ていただきたいのですが、トップページからさらに多岐にわたる料理実験を読むことが出来ます。
電気イカや、ビール再生、レンジでパンを焼く、ミカンの皮を剥く…
とにかくその探究心に脱帽。
理系の人ってこういうこと考えて生きてるんですかね?

で、あまりの面白さに彼の実験を全て読破し、得た結論。
「レンジで温玉は作れる」
今朝、起き抜けにやってみた。読んでから時間が経ってるので、所々自己流。

①たまごを1個用意(常温にすべきか?とも思ったが、とにかくやってみたかったので冷蔵庫から出したばかりの冷え冷え)
②キッチンペーパーでくるむ(彼はタオルを巻いていたけど。レンジ内での爆発に備えてか?)
③生解凍機能で5分(確かコレくらいって書いてあったような…適当)

くるくる回るソレを、爆発しないかハラハラしながらしながら見守りましよ。

5分経過。
出してみると、おお暖かい。見るとヒビが入ってます。
ただ白身が固まっているのでこぼれ出てはいません。
・・・って、白身がこんなに固まってたらだめじゃん!
普通のゆで卵じゃん!
中は?黄身はどうなっているのか??
殻を剥こうにも、熱い。水で冷やしながら剥いてみた。
「爆発することもある」って書いてあったし、被害が少ないように流しで慎重にムキムキ。
握った感じ、黄身はかなり硬くなっている様子。
ああ、イメージと違う・・・白身からしてこんなにしっかり硬いし、失敗か?

あきらめつつ、御飯にのせて頂こうとスプーンを刺した瞬間、
「ポンッ」

はじけましたよ、たまご。
黄身が見事に飛び散りました。

結論:慣れないことをすると良くないことが起きる。

ちなみに、はじける瞬間、咄嗟に目を閉じたらしく顔中に黄身が付いたにも関わらず目の中には入りませんでした。

堕落した現代人でも、防御本能はそれなりに機能しているんですね。
それに気付いたことが今日の収穫です。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
黄身の顔面シャワーを受けた訳ね
(^_^)
2006/05/11(木) 19:06:33 | URL | 虎男 #BRwvxaDM[ 編集]
お~~
世の中にはいろんな事をする人がいるんですね~。
そのHPを拝見して、すごい笑った!!

そして、それに挑戦したママもすごいっ!!
火傷はしませんでしたか?
2006/05/13(土) 14:31:17 | URL | まいこ #-[ 編集]
>虎男さま
気配を感じなかったので、よける間もなくしっかりと受けとめちゃいましたよ…
ひとこと欲しかったなあ。
>まいこさま
このホムペ、最高でしょ?きっとこういう人種のおかげで今の文明社会が形作られたんだと思うわ。リスペクトすべきだよねえ~
2006/05/14(日) 22:19:22 | URL | 美人ママ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。