スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 あら~
2006年10月15日 (日) | 編集 |
50代母、30代娘の卵子で「孫」を代理出産…国内初

 子宮を摘出して子どもを産めなくなった30歳代の女性に代わり、この女性の卵子を使って女性の50歳代の母親が妊娠、出産していたことを、実施した諏訪マタニティークリニック(長野県下諏訪町)の根津八紘(やひろ)院長が14日、明らかにした。

 祖母が孫を産む形の代理出産で、米英での実施例はあるが、国内では初めて。家族関係が極めて複雑になるだけに、代理出産を巡る議論が再燃するのは必至だ。

 根津院長によると、今回、代理出産に踏み切ったのは、ともに30歳代の夫婦で、妻は結婚後、子宮の摘出手術を受けていた。女性の実母の申し出を受けて2004年、夫の精子と妻の卵子を体外受精させ、受精卵を実母の子宮に移植した。実母が昨春、出産した。母子ともに健康だという。子どもの性別は明らかにされていない。子どもは戸籍上、妻の実母の実子として届け出た後、夫婦の子として養子縁組した。



すごいなぁ・・・
子供にはどのように説明するんだろうか?
大きくなったら、この子はどう考えるんだろうか?

確かこの院長、前にも議論を呼んでたなぁ・・・
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
確かにすごいな~
代理出産については、気持ち的には出来ることならいいんじゃないかって思うけど、相続の時に下手したらもめそう・・・。
確か、特別養子でなくて普通養子っしょ??
大丈夫なんかしら??
2006/10/19(木) 11:15:03 | URL | まいこ #-[ 編集]
さすが!
司法書士のタマゴですなぁ…
着眼点が違う!感動~
2006/10/23(月) 18:14:39 | URL | 美人ママ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。