スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 箱根
2007年12月22日 (土) | 編集 |
十何年働いて、今までの仕事で「代休」なんてモノは存在しなかったわけですが、
今の職場ではしっかり存在してるんですわ。素晴らしいシステムですねぇ。

金曜日に代休をとりまして、セツコさんと箱根へ行って参りました。
22日はセツコさんの誕生日という事になってますので、温泉プレゼントです。
今回の馬車はこちら。

200712221345.jpg

フォードのC-MAXとかいう車です。
レンタカーなのに青い・・・しかもホントはシルフィークラスのセダンを予約したのに、
勝手にミニバンタイプに変わってたんだけど「アップグレード」との言葉に快諾してしまいましたわ。
オリックスはこの前借りた時もそうだったなぁ。

でもこの車、実際運転しづらかったわ。右ハンドルでも外車だからウィンカーとワイパー逆だし。
何より、アクセルの踏み込みが深すぎ~(怒
ヒザ下が短い規格に仕上がってる純和風の美人ママでは全開に出来ません。
まぁ、横にセツコさんを乗っけていますから全開にする場面は基本的にはないんですが、直線番長としてはなんかモヤモヤしちゃうワケなのよね。
あとね、見切りが悪い。
これは車全般に言えることなのかも知れませんが、普段360度(?)視界が開けた状態で道路を走っていると、このフロントピラーとかいう部分がとても邪魔です。
とくに箱根のクネクネ道ではカーブで前の車が死角に入ったり・・・。
でもまぁ、乗り心地は良かったです。CDでアンジーを予習しながらドライブを楽しみました。




9時過ぎに横須賀を出発。まずは宮ノ下の『富士屋ホテル』へ。

200712211141.jpg   200712211145.jpg

お泊り先ではありませんがセツコさんが以前から中を見てみたいと言っていたので、館内のレストラン『ザ・フジヤ』でランチです。
ホテルの建屋は木製の回転扉とかロビーの化粧柱とか細かいところでイチイチ素敵なのだわぁ。
文明開化の香りが漂っておりました(←時代考証に自信無し)。
レストランは予約なしでもすんなり席につけました。休日だとこうはいかないでしょうね。
通路には明治時代のクリスマスディナーのメニューが飾られていました。
ホールはとても天井が高くその天井には花の絵が描かれています。(どこぞの寺を思い出しました)
窓には御簾が下がっており、歪んだガラスの向こうには松やら花御殿やらが見え、
インチキテーマパークとは全く質が違うタイムスリップ気分が味わえます。
カレー好きなセツコさんは「カレー伝説(ビーフ)」(4,650円)、ワタクシは「クラシックランチ」(4,500円)。
4,650円のカレーって、どんなだよ?とか思うわよね?かなり美味しかったらしいです・・・

200712211248.jpg

↑クラシックランチの由緒正しい「牛フィレ肉の薄切り マッシュルームソース和え」
これよりも・・・見た目がイマイチだったので写真を撮らなかった由緒正しい「富士山の湧き水で育った虹鱒 富士屋風」がとても美味しかった。バター醤油のソースに明治を感じます。
(明治のメニューかどうかは知りませんが)

200712211300.jpg

↑由緒正しい「チョコレートナッツサンデー」。
全然、サンデーな感じじゃない所にこれまた明治を感じます。
(明治のメニューかどうかは知りませんが)



食事の後は、来た道をわざわざ湯本へ戻り『桜庵(おうあん)』の温泉へ。
旅館などの日帰り入浴の相場は大体1,500円くらい。
なのにココは14時~15時のみ受付。タオルなどは付くけど休憩所なしで3,000円・・・!
どんだけ凄いのか入ってみたくなったんです。
門から長ーいスロープを下って立派なエントランスへ。
するとハッピ(?)を来たオジサンが出迎えてくれヴァレーサービスですよ。
うーん・・・胡散臭い(汗) なぜにイケメンじゃないのだ?
料金を支払い、大浴場へ行くと他にお客さんは居らず貸し切り状態。脱衣場は広く且つ清潔。アメニティが十分揃っているので女性には嬉しいです。というか、3,000円もするんだから当然か。
浴場は総檜の床、そして檜の浴槽。
露天ではないけど、窓ガラスなしの開け放しの作りになっているので解放感はありました。
お風呂がいくつかあるのかと期待してたけど、ひとつだけ。
(スーパー銭湯やら今ドキのスパ施設でお風呂いくつもあるのが普通っていう感覚で行くとがっかりだけど、考えてみたらちゃんとした温泉ですからね、ひとつで良いのか)
この檜のお風呂、新しいし大きいし、お湯もきれいで気持ちよかったわ。
結局最後まで貸し切りだったし元は取れた!

体ぽっかぽかになったところで、宿を目指します。
ホントはリッチに仙郷楼にしたかったんだけど、主役のリクエストで『強羅一の湯』。
この一の湯グループは良心的な価格設定なんだわさ。どうやらセツコさんは姉妹で来るときの為の下見がしたかったらしい・・・宿泊すると、グループの他の宿の温泉に無料で入れるのも魅力なワケです。

しかし強羅への道って、なんだか凄いわね。
ナビの言うとおりに走ったんだけどやたら勾配のキッつい坂を登らされたわ。
もしや裏道か???
あんな道、ぜーったいにマニュアル車や軽自動車では通りたくないっす。
ましてやバイクでは、まんずあり得ませんわね。

宿はイメージ通り。
お部屋に付いてる露天風呂と大浴場のお風呂、違う泉質が楽しめたのは良かったかな。
館内はどこも清潔な感じだし。
残念だったのが舟盛り。
この時期に頼んだワタクシの問題なのか判らないけど、刺身がすべてフカフカしてたわ。
グルメプランおひとりさま12,900円也。

二日目。
200712221100.jpg

小雨がぱらつく中、まずは大涌谷ね。
あの階段、健脚なセツコさんはワタクシよりも上るのが早いです・・・おそるべし、74歳。と思っていたら、下りに弱かった(笑

そして仙石原を抜けて『ポーラ美術館』へモネの企画展を見に行きました。
モネだけかと思ったらその辺の印象派の画家が大集合。見ごたえ十分過ぎるほどです!
シスレーの「ロワン河畔、朝」という絵が良かったわ。朝焼けの感じがよく描けてるのよ。
ルノワールの絵も見られます。
何が凄いのかよくわからない絵もあるけど、ポーラ美術館、美人ママのパワープッシュよ。
モネは3月末までやっているので、箱根に行くなら是非寄ったらいいさ~

ちょうどお昼の時間になったので、美術館内のレストランでランチ。200712221330.jpg

大涌谷で黒卵を食べたので、実はあまりお腹がすいておらず。
鰻丼とサーモンちらしのセットをひとつと、サラダとパンを追加して二人で分けました。

盛りだくさんの箱根の旅もようやくエンディング。タダ風呂に入りに行きます(笑
一の湯グループの『仙石原はたご一の湯』
にごり湯の露天はとても良かったわ~岩風呂の岩がとてもいい感じに組み上がってます(?)
ただ、脱衣場が超狭い。内湯のシャワーも4つしかない。ちょうど入れ替わりで入ったので不都合は無かったけど、タイミング悪いとつらそうですわ。

ま、そんなこんなで二日目は雨に降られましたが、主賓は非常に満足してくれました。
良かったです。
それに・・・
年取るとやっぱり車は楽だわ~(しみじみ)


さ、日記も書けたし、『SP』に備えなきゃ。





スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
せっちゃ~~~ん☆☆☆
お誕生日おめでとうございます~~~☆

相変わらず、若返ってるわね~~。
美人ママの元だけあって、お肌もつるつる。羨ましいわ~。
せっちゃんと一緒のドライブだったら、おしゃべりも楽しそう!
またお会いしたいわ~~。

ところで、CDの「アンジー」って何? ストーンズ?
2007/12/23(日) 00:12:29 | URL | じゅんこ #-[ 編集]
セツコさんとは、おしゃべりを楽しむっていう感じじゃないわね。
勝手にしゃべってるから。話の9割はひとりで完結してる。
あ、アンジーはアンジェラ・アキっす。今度、ライブに行くっす。

それよりさぁ・・・
あーん!
岡田君に守ってもらうにはどうすれば良いのか、
真剣に考えています。
じゅんこさん、なんかコネ無い???
2007/12/23(日) 00:41:49 | URL | 美人ママ #-[ 編集]
SPの、あとの祭り
『SP』の原案・脚本は金城一紀だったんだ。
べつにとりたてて好きな作家ではないけれど、直木賞を受賞した『GO』や、たぶんその次に発表した短編『花』くらいは読んでいたので、現代の三十代の小説家がどんなホンを書くのか──ということには大いに興味があったわけで(村上龍の失敗のように、売れている作家がイコール良質な脚本家には成り得ない、という先入観を払拭してくれるかどうか……。その逆の山田太一や、あるいは久世光彦〈演出家〉の小説作品は好きなんだけど)。

それで、今シーズンのテレビドラマに対する偏見を捨て謙虚になって、今夜の『SP』を観てみようと思ったんだけど、結局のところ、昨夜は原稿書きのため徹夜になってしまい、そのあとも雑用の積み重ねで、一睡もすることなく夜になってしもうたんじゃ、これがっ。

まあそれはえーとしても、夕食のときにテレビをつけたら、NHKのBSで『生放送! 日本のフォーク&ロック大全集』というのをやっとったんよ、じゃけん、思わず観入ってしもうたんじゃけど……。変換が広島弁になってきたので《つづく》
2007/12/23(日) 01:02:29 | URL | 荒野の捻くれ者(旧広島人) #-[ 編集]
はあい。

SPの方は知り合いにいますわよ。
元SPの素敵なおじさまでございます。
もちろん強うございます。すばらしく真摯で紳士でございます。
さりげないようでいて、常に視界を広く、周囲をチェックしているのは癖のようですわ。SPバンザイ!

ですが、美人ママを守る前に、愛すべき奥様がいらっしゃるので
そのあたりは惜しいでございますわ。

岡田君のSPとやらは、そんなにカッコいいのかしら?
彼、小兵よ。小さくて守るべき者が守れるのかしら。。。
疑問だわ。

シャアはだめなの?美人ママ。

2007/12/23(日) 01:21:27 | URL | じゅんこ #-[ 編集]
お母さんは誕生日でしたか。
おめでとうございます。

箱根でお誕生日会、素敵ですね。
料理やケーキも美味しそうです。
黒玉子は1個食べると、10年寿命が延びると言います。

そんな我が家のちゅらさんも11月22日が誕生日。
ささやかながら、誕生日パーティーを昨日しました。

2007/12/23(日) 09:43:57 | URL | 虎男 #BRwvxaDM[ 編集]
あろは~。

シャアは、シャアよ。
猫がシャア~って口開けてる音じゃないわよ。
非現実的という事では、岡田君もシャアも同じじゃ~~ん!

ドラマ『SP』は観てないけどさ、なんか面白そうね。
ま、でも、見逃しちゃう感じかなあ。
そのSPがオーランドブルームだったら意地でも観るけどぉ。
2007/12/24(月) 23:25:46 | URL | じゅんこ #-[ 編集]
>虎男さま
昔の人だから、本当の誕生日かどうかは判らないけどね(笑
ちゅらさんもハッピーバースデーでした!

>じゅんこさま
岡田君は実在するけど、シャアは実在しない。
ここ、重要よ。
2007/12/24(月) 23:52:03 | URL | 美人ママ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。