スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 逃亡記⑧積めよっ!
2008年03月16日 (日) | 編集 |
ツヴァ~ルを出る日。
3日間も休日だったから、なんか効率悪かったなぁ。銀行だって閉まってるし。
帰る日になってバタバタ両替ですかい?

お役人さまのインタビューを撮り、無事撮影は終了!
チェックインを済ませ、オーバーエクセス260オージードルを払い、空港のカフェでランチを食べます。待っていると、スバからの便が到着。
200803111008.jpg

200803111011.jpg


出国手続きを済ませようとすると、空港職員からいちゃもんがつきました。
「あんたたち、ビジネスフィーを払ってないでしょう!」みたいな・・・
はい、確かに払ってませんが?入国の時、なんか言ってたけど適当に流しちゃったのよね。ごめん。
入ってくるときはコーディネーターが居なかったから、なんなのか良く判らなかったのよ。

んで、それは一件落着し待合で記念写真撮りながらすっかりくつろいでいると、
空港職員がバタバタしだして、他の取材チームなどに「荷物、置いていけ」交渉が始まりました。
ワタクシたちのところには来なかったので大丈夫なのかな?と思ってたら・・・

「うわ、ウチの機材、残ってるよ~」とVEのヨネさんから情報が!
見に行くと、置き去り荷物の山の中にウチの機材発見!
重たくて積めない!と言われても・・・大事な機材なのにぃ~
ありえん!
お前ら、何を基準に飛行機の積載重量を量ってるんだ???
ロコの男性の体重なんて120㌔くらいあるのに、ワタクシとか50㌔でしょ。
ワタクシと一緒に70㌔の機材積んだって、ロコ一人分じゃん!!体重も量れ~!
いくら交渉しても駄目。コーディネーターとも別れちゃった後で話が出来ない。
とりあえず置き去りの機材の写真を撮り、
この状況をつづった文書の提出を迫ったのに、なかなか応じてくれず、
挙句の果て「早く乗れ。ここに居たいのか?」と言われ渋々飛行機に乗り込みました。
どっと疲れが・・・スバの空港で今後の荷物の動きをもう一回聞こう・・・

200803111220.jpg
↑出た。気分最悪なところに持ってきてこの味無しピタパン。泣くぞ。
風邪を引いているからか耳が抜けず、すんごく痛くなりました。

スバに着き、入国手続きを済ませ、ナンディへのチェックインをして荷物を預けなおし、オーバーエクセス52フィジードルをカードで払い、スタッフをカフェに待たせて事務所へ。
責任者と直接話し、名刺をゲットしたもののかなり不安が残ります・・・
つうか、耳痛くて、よく聞こえないのよね~

ナンディへの便は予定時刻より早く搭乗案内されました。
搭乗客が全て揃ったから・・・らしい?
飛行機を見て納得。こんなに小さい飛行機なら客が揃ったらすぐにGOヒロミだべさ。
200803111524.jpg200803111535.jpg

パイロット、副操縦士含め15人乗り。降りるときは、アメをなめ続けて耳ヌキ成功。

ナンディに着いて、旅行会社の方に再度荷物の件を相談。
なんだか最後になってバタバタです。一人なのでマジつらかった。
美人ママ、頑張ったよ。誰か褒めて。

夕飯はホテルで頂きました。高かったです。

そして最後の夜が更けます。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。